立川市 借金返済 弁護士 司法書士

立川市で債務整理や借金など、お金の相談をするなら?

債務整理の問題

自分1人だけではどうしようもないのが、借金返済・債務の問題です。
金額が大きくなり、利子くらいしか返済できない。
借金返済問題は、一人で悩んでいても解決は難しいでしょう。
立川市にお住まいの方も、まずはインターネットの無料相談で、司法書士・弁護士に相談してみませんか?
いきなり事務所で直接相談するよりも、ネットの無料相談の方が、気後れしないで相談できるのではないでしょうか。
もちろん、立川市の方でもOKな法律事務所・法務事務所を紹介しています。
1人で悩まず、司法書士・弁護士に相談することが、借金問題解決への近道です。

立川市在住の方が借金・債務整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

立川市の借金返済・債務解決の相談なら、ココがおススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心です。
弁護士料金の支払いは、分割払いの対応も可能です。
相談料金ももちろん0円!
借金の取り立てをSTOPすることも可能です。
個人再生、自己破産、任意整理、過払い金、など、債務や借金に関して相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話料0円)で相談受付してくれるので、借金返済で困っている方も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、債務や過払いの問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分にピッタリの方法で借金や多重債務の問題を解決していきます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻せた過払い金から料金を支払えます。
任意整理も、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、安く解決できます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性でも安心して相談できます。
まずは無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

立川市在住の方が債務整理・借金の相談をするなら、まずコレもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットでできる借金の診断ツールです。
カンタンな質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、月々の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな方にもピッタリです。
しかも無料で、匿名で利用できます☆
全国対応のサービスなので、立川市に住んでいる方も安心です。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 毎月の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国対応!
借金問題を解決するための第一歩として、無料診断、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の診断・相談を。



弁護士へ相談前の注意



立川市周辺の他の司法書士・弁護士の事務所を紹介

他にも立川市にはいくつかの法律事務所・法務事務所があります。参考にしてください。


●久江孝二法律事務所
東京都立川市柴崎町2丁目12-6
042-522-0681

●東京三弁護士会多摩支部
東京都立川市緑町7-1 アーバス立川高松駅前ビル 2F
042-548-3800
http://tama-b.com

●あけぼの綜合法律事務所
東京都立川市曙町1丁目25-12 オリンピック曙町ビル7階
042-512-9737
http://akebono-sogo.jp

●弁護士法人泉総合法律事務所 立川支店
東京都立川市柴崎町2丁目1-9 中島ビル3階
042-528-2655
http://springs-law-tokyo01.com

●立川北法律事務所
東京都立川市 2丁目32-3 立川三和ビル 4F 402号
042-548-7230
http://tachikawakita.jp

●岡田幸司税理士事務所
東京都立川市高松町2丁目38-6
042-524-0658
http://taxaccountant.ashisuto-co.jp

●南立川法律事務所
東京都立川市 緑町7-2 サンクタス立川T1
042-525-1101
http://minamitachikawa.com

●ひめしゃら法律事務所
東京都立川市緑町7-1
042-548-8675
http://himesyara.com

●財団法人日弁連交通事故相談センター 東京支部 立川相談所
東京都立川市曙町2丁目37-7 コアシティ立川12階
042-548-7790
http://tokyosibu.jp

●フラクタル法律事務所
東京都立川市曙町2丁目37-7 コアシティ立川10階
042-513-6680
http://fractal-law.com

地元立川市の司法書士・弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、直接相談よりも、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気負わずに相談できるのではないでしょうか。

多重債務や借金の返済に立川市在住で弱っている場合

消費者金融やクレジットカードのリボ払いなどは、かなり高い利子が付きます。
15%〜20%もの金利を払うことになってしまいます。
住宅ローンの金利は年間0.6%〜4%ほど、自動車のローンでも1.2%〜5%(年)ほどですから、すごい差です。
そのうえ、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに金利を設定しているような金融業者の場合、金利が0.29などの高利な利子を取っている場合もあるのです。
とても高利な利子を払い、しかも借金は増える一方。
お金を借りたのは自己責任なので仕方ないのですが、金額が多くて高利な金利となると、返済は辛いものでしょう。
どのようにして返せばいいか、もはやなにも思いつかないのなら、法務事務所や法律事務所に相談してはいかがでしょう。
弁護士や司法書士なら、借金を返す解決策を捻り出してくれるでしょう。
長期返済の計画になるかもしれないですし、過払い金を返してもらって返す額が減額するのかもしれません。
まずは相談、これが解決のための始めの一歩です。

立川市/債務整理の依頼なら弁護士がおすすめ?|借金返済

債務整理とは、借金の支払いが滞りそうに場合に借金をまとめる事で問題の解決を図る法的なやり方です。債務整理には、民事再生・自己破産・過払い金・任意整理の四種類の手法があります。
任意整理は、裁判所を介さずに債権者、債務者が直接交渉し、利子や毎月の返済金を少なくするやり方です。これは、出資法と利息制限法の2つの法律上の上限金利が違ってることから、大幅に減らすことが可能なのです。話合いは、個人でも行う事が出来ますが、一般的には弁護士の先生に頼みます。多くの修羅場をくぐった弁護士の方なら依頼したその時点でトラブルから回避できると言っても言い過ぎではありません。
民事再生は、今の情況を裁判所に了承してもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に少なくしてもらう仕組みです。この時も弁護士の先生に依頼すれば申し立て迄する事が出来るから、債務者の負担は軽減されます。
自己破産は、民事再生や任意整理でも払えない莫大な借金がある場合に、地方裁判所に申したてをし借金をチャラにしてもらうシステムです。このようなときも弁護士の先生に頼んだら、手続きも快調に進み間違いがありません。
過払金は、本来は返金する必要がないのにクレジット会社に払い過ぎた金の事で、弁護士また司法書士に頼むのが普通です。
このように、債務整理は自身に適した手法を選べば、借金の悩みで頭がいっぱいの日々を回避でき、人生の再スタートを切ることが出来ます。弁護士事務所によって、借金や債務整理に関連する無料相談を受付けてる所もありますので、一度、電話してみてはいかがでしょうか。

立川市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/借金返済

はっきり言って社会一般で言われる程自己破産のリスクは少ないのです。高価な車、マイホーム、土地など高価格な物は処分されますが、生きる上で必ずいるものは処分されないです。
また二十万円以下の貯蓄も持っていて問題ないです。それと当面の間数か月分の生活に必要な費用が一〇〇万円未満ならば没収されることはないのです。
官報に破産者の名簿として載りますがこれもごくわずかな方しか見ないのです。
また俗にいうブラックリストに記載されしまって七年間程の間キャッシング・ローンが使用ローン若しくはキャッシングが使用不可能な情況となるのですが、これは仕様がない事でしょう。
あと定められた職に就けないと言う事もあるのです。しかしながらこれもごくわずかな限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返金することが出来ない借金を抱え込んでいるなら自己破産を進めると言うのも1つの手法でしょう。自己破産を実施すればこれまでの借金が全くチャラになり、新規に人生を始めると言う事で良い点の方がより大きいと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として司法書士、公認会計士、弁護士、税理士などの資格は取り消されます。私法上の資格制限として遺言執行者・後見人・保証人にもなれないのです。また会社の取締役等にもなれないのです。けれどこれらのリスクはあまり関係が無い場合が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きなものじゃないはずです。