堺市 借金返済 弁護士 司法書士

堺市に住んでいる方が債務整理・借金の相談するならどこがいいの?

お金や借金の悩み

自分一人だけではどうしようもないのが、債務・借金返済の問題です。
金額がどんどん大きくなり、金利を払うのがやっと。
借金返済の問題は、一人で悩んでいても解決するのは難しいものです。
堺市に住んでいる人も、まずはインターネットの無料相談で、司法書士・弁護士に相談してみませんか?
いきなり事務所へ行って直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、気後れしないで相談できるのではないでしょうか。
もちろん、堺市の方でもOKな法律事務所・法務事務所を紹介しています。
一人で悩むより、まず司法書士や弁護士に相談することが、借金解決への第一歩です。

債務整理・借金の相談を堺市在住の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

堺市の借金返済・債務の悩み相談なら、こちらがおすすめです。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士料金の支払は、分割払いもOKです。
相談料ももちろん無料!
借金の取り立てをストップすることも可能。
自己破産、過払い金、個人再生、任意整理、など、借金について相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付してくれるので、お金に困っている方も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、過払いや借金の問題が相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に合った方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決します。
また、過払い請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から支払を清算できます。
任意整理でも、和解成功報酬や減額報酬などは一切支払わなくてよいため、安く解決できます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性専用の相談窓口もあるので、女性の人も安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

堺市に住んでいる人が借金や債務整理の相談をするなら、このサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネット上の借金解決のための診断ツールです。
カンタンな質問に答えるだけで、どうすれば借金が減るかという方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな人にもピッタリです。
しかも無料で、匿名で使えます☆
全国対応しているサービスなので、堺市に住んでいる方も安心です。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国対応!
借金問題を解決するための第一歩として、無料診断、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の堺市周辺の司法書士・弁護士の事務所の紹介

堺市には他にもいくつかの司法書士や弁護士の事務所があります。参考にしてみてください。


●十三(司法書士法人)堺東事務所
大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-23 堀ビル 4F
072-228-0084
http://13-office.jp

●松本司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-32 新町ビル 6F
072-221-5300
http://office-matsumoto.biz

●五月法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁1-21 堺東八幸ビル 5F
072-221-1807
http://satsuki-law.gr.jp

●中谷優子司法書士事務所
大阪府堺市西区北条町1丁17-10
072-247-8820
http://office-nakatani.hp4u.jp

●はら(司法書士法人)
大阪府堺市堺区新町3-6
072-223-1560
http://hara-sakai-sihou.main.jp

●泉田法律事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-222-1525
http://izuta-law.com

●堺法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 6F
072-232-5188
http://sakai-law-office.jp

●田中司法書士事務所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通8
072-233-1167
http://tanaka-shihou.com

●あい司法書士法人 堺事務所
大阪府堺市堺区北瓦町2丁1-19 たつみビル
072-222-4411
http://ai-shiho-shoshi.jp

●フォーゲル綜合法律事務所 堺事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-232-5400
http://vogel-law.jp

●岩井司法書士事務所
大阪府堺市堺区南瓦町1-19 グランビルド堺東301号
072-238-4500
http://legal-counselor.jp

●堺けやき法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 5F
072-224-5654
http://keyaki-lo.com

●吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-1 三栄ビル3階
072-254-5755
http://office-yoshida.net

●弁護士法人アディーレ法律事務所 堺支店
大阪府堺市 堺区戎島町4-45-1 ホテル・アゴーラリージェンシー堺 リージェンシープラザ1F
0120-316-742
http://sakai.adire.jp

●堺総合法律事務所
大阪府堺市堺区一条通20-5 銀泉堺東ビルディング 6F
072-221-0016
http://sakaisogolaw.net

●齋藤司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町3-3 ルネッサンスビル 5F
072-225-5101

●シヴィル法律事務所 弁護士法人
大阪府堺市堺区南花田口町2丁3-20 住友生命堺東ビル3階
072-222-3120
http://civil.or.jp

●関和男司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-4
072-222-3330
http://soseki.jp

地元堺市の法務事務所や法律事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談などの方が、気負わずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

借金返済や多重債務に堺市で困っている状態

借金が増えすぎて返せなくなる理由は、浪費とギャンブルが大半です。
パチンコやスロットなどの中毒性のある博打に溺れてしまい、借金をしてでも続けてしまう。
いつの間にか借金はどんどん膨らんで、とても返せない額になってしまう。
もしくは、クレジットカードで高級品やブランド物を大量に買い続け、借金も日増しに大きくなる。
フィギュアやファッションなど、ムダに金のかかる趣味に入れあげてしまうのも、「浪費」の内に入るでしょう。
自分の責任で作った借金は、返さなければいけません。
ですが、金利が高いこともあり、返済がちょっときつい。
そういう時助かるのが「債務整理」。
司法書士や弁護士に相談し、借金の問題の解消に最善のやり方を見つけ出しましょう。

堺市/借金の減額請求って、なに?|借金返済

多重債務などで、借り入れの返済が苦しい状態に至った場合に効果のある手法の1つが、任意整理です。
今現在の借金の状況を再度チェックし、過去に利息の支払い過ぎ等があったら、それらを請求する、若しくは今の借入と差引きして、かつ現在の借入れに関して将来の金利をカットしていただけるようにお願いできるやり方です。
只、借金していた元本に関しては、必ず返金をしていく事が土台であり、金利が減額になった分、以前よりもっと短期間での支払いが土台となってきます。
只、利子を支払わなくて良い代わり、月ごとの返金額はカットされるので、負担は減少するのが通常です。
ただ、借入をしている貸金業者がこのこれからの利子に関しての減額請求に対処してくれない時は、任意整理はきっと出来ないでしょう。
弁護士さんに相談すれば、絶対に減額請求が通ると思う人も多数いるかもしれないが、対応は業者により様々で、応じてくれない業者というのも存在するのです。
ただ、減額請求に応じてくれない業者はものすごく少数なのです。
従って、実際に任意整理をやって、業者に減額請求を行うと言う事で、借入れの苦悩がなくなると言う方は少なくありません。
現実に任意整理ができるか、どんだけ、借金の払戻が縮減するか等は、まず弁護士の先生等その分野に詳しい人に依頼してみるということがお薦めなのです。

堺市|自己破産にあるリスクってどんなもの?/借金返済

はっきり言えば世間一般で言われているほど自己破産のリスクは多くないのです。マイホーム・土地・高価な車など高値の物件は処分されるのですが、生活していく中で必要な物は処分されないのです。
また20万円以下の貯蓄も持っていてもいいです。それと当面の間数か月分の生活するうえで必要な費用百万未満ならば持っていかれる事はないでしょう。
官報に破産者のリストとして記載されるがこれも極一定の人しか目にしません。
又いわゆるブラックリストに記載されてしまい7年間程度ローン若しくはキャッシングが使用できない状況になりますが、これは仕様がないことでしょう。
あと定められた職種につけなくなると言うこともあるでしょう。けれどこれもごく特定の限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返済する事の不可能な借金を抱え込んでいるなら自己破産を進めるのも1つの手なのです。自己破産を実施した場合これまでの借金が全てゼロになり、新しく人生を始められるという事で利点の方がより多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士や公認会計士や司法書士や弁護士等の資格は取り消されるのです。私法上の資格制限として遺言執行者、後見人、保証人にもなれないでしょう。また会社の取締役等にもなれないです。ですがこれらのリスクはあまり関係がない場合が多いのではないでしょうか。リスクは余り大きな物ではない筈です。